初めて作るのにおすすめのクレジットカードを丁寧に解説します

初めてクレジットカードを作るときには、いろんな観点から検討してみることがおすすめです。たとえば、年会費です。クレジットカードによっては、年会費がかかるものがあります。あまり使用頻度がないカードであれば、年会費も負担となってきます。年会費が、無料であれば持っているだけという人でもまったく負担になりません。また、カードをどういった使い道で使用するかということです。たとえば、普段の買い物でポイントを貯めてポイントを有効に使用したり、いつも行くガソリンスタンドで使いたいなどでカードを選ぶことも重要です。カードには、流通系のカード、信販系のカード、交通系のカード、銀行系のカードとさまざまなものがあり、それぞれに特徴があります。学生や主婦などでも、作れるカードもあるのでおすすめします。

クレジットカードをどう使うのか

以前であれば、収入のない人がカードを作ることは出来ませんでした。ですが、昨今大学生や主婦でもカードを作ることが出来ます。もちろん、カードですから、作るときには審査がありますし、20未満の大学生では親権者の同意が必要です。大学生も親元を離れて一人暮らしという人も多いでしょう、そのような大学生にはカードは強い味方となります。また、専業主婦であれば、流通系のカードがポイントや割引などカードを持つことによって受けられる特典が多くなるのです。特に、カード会員向けに割引を受けられるのは、家計にもやさしいカードといえます。最近では、通販番組やインターネットショッピングなどの支払いもカード払いでということも出来るのは、着払いの手数料も無く、小銭を用意することもありませんのでとてもおすすめです。

クレジットカードを作るとポイントがつく

カード会社も熾烈な競争をしています。カードを作るとポイントがつくカードがあります。もちろん、作った後使用しなければなりませんが、カードを作り使用すると5000円分のポイントが付くところもあります。大事なところは、ポイントの有効期限です。カードの中には、ポイントの有効期限が無いところもありますが、ポイントをせっかく貯めていても有効期限が切れてしまっては勿体ありません。また、公共料金や携帯電話代などをカード支払いにすることにより、現金や銀行引き落としにするだけでは貯まらないポイントも貯めることだ出来るのです。また、電子マネーにクレジットカードより自動的にチャージのサービスをしているところもありますので、電子マネーを普段使用している人はチャージの手間を省くことが出来ます。初めてのカードは、年会費とポイントが鍵です。